ミニ折り紙ランプと水引結びベルトのワークショップ、特別なお茶+和菓子付!

25%OFF
¥15,188
(通常価格:¥20,250)

*Tax included.

*Shipping fees are free on this item.

*Japan domestic shipping fees for purchases over ¥5,000 will be free.

I would like to be notified of restocking

Age verification

When it is restocked, we will notify you to the registered e-mail address.

Mail Address

Please allow the domains 「thebase.in」&「gmail.com」so that you can receive our e-mail

I would like to be notified of restocking

Notice of restocking has been accepted.

We've sent an e-mail to you.
If you cannot find the mail, please check your spam folder.
When receiving a notification, you may not be able to receive it due to reasons such as the mail server capacity being exceeded. Please confirm it.

Please allow the domains 「thebase.in」&「gmail.com」so that you can receive our e-mail

日本の伝統を体験し、自分だけの作品を作りましょう!
ミニ折り紙ランプは、数枚の手漉き和紙を蛇腹状に折って糊付けして作ります。
蛇腹状の和紙の中に小さなランプを差し込むと、ランプが優しく温かな光を放ちます。蛇腹を閉じると、本を閉じたような形になり、
さらに、帯には水引結びの飾りを作ります。
世界にひとつだけの折り紙のランプ作品が出来上がります。

最後に、他では提供していない "和紙のお茶 "と一緒に和菓子をお出しします!

水引とは、和紙を撚った芯をナイロンやフィルムで巻いた伝統的な紙紐のことです。
結び目にはそれぞれ意味があるのをご存知ですか?
結び目の意味を知れば、贈り物に最適です。

和紙は軽くて丈夫なので、アート作品やインテリアにも最適です。
日本の伝統工芸とその技術を学び、自分だけのオリジナル作品を作りましょう。

<ワークショップの工程>
1、実際に使用している植物を見ながら和紙について紹介
2、折り紙ランプ作成
3、水引あわじ結びベルト作成
4、糊が乾くまで特別な和紙茶とお菓子で休憩タイム
5、アンケートにご協力頂いてワークショップ修了
ワークショップ時間:約2時間30分~(人数にもよる)

<お申込み方法>
開催日は基本的にショップが営業している月~土の11:00~と14:00~です。
(日曜日をご希望の方は、13:00~のみです)
①お問い合わせフォームまたは当ショップメールアドレスに上記の時間を参考に希望の日程を3候補ご提示願います。
和紙ラボTOKYOメールアドレス:info@thewashi.tokyo
②当ページにからお申込み願います。
在庫数は、参加人数をご記入ください。
(一度に参加頂けるのは4名までです)

不明点あれば、事前にお問い合わせ頂けましたら幸いです。
(①と②を逆で対応されても問題ありません)
<注意>
●当店には看板猫の三毛猫がおります。
苦手な方、またはアレルギーがある方がいらっしゃる場合は猫を別室に移動させますので、事前に教えて頂けますと幸いです。
また、毎日掃除しておりますが、どうしても猫の毛が落ちております。
(キャットタワーなどもあるため)
当ショップは、ワークショップする場所も同スペースにあります。
重度のアレルギーがある場合はワークショップ自体も難しいかもしれません。
事前に確認頂いてからお申込み願います。
●開催日の3日前までのキャンセルの場合は参加費をご返金します。(振込等にかかった手数料などは返金不可)ただしそれ以降の場合はいかなる事情でもキャンセル料として100%となりますのでご返金できません。
(サイトの都合上、開催日より前に完了ページをお送りする場合があります。
その場合は、銀行振込でお支払いします)
日程の変更の場合は、ご相談承ります。
あらかじめご了承ください。

Reviews of this shop

Report

© 東京和紙